セカンドハウスのローンは高い!
別荘のローンは何で組むべきか

現金一括で購入される方はさておき、セカンドハウスや別荘を建てる際、考えなければならないのがローン。セカンドハウスや別荘の場合、住宅ローンよりも金利が高くなります。でも、これを少しだけ安くする方法があります。

セカンドハウスのローンを組む前に知っておきたいこと

  • 住宅ローンが使えません

    セカンドハウスは、税法上は生活に必要なものとされています。そのため、固定資産税の軽減措置があります。しかし、金融機関では、常住を目的としない家は贅沢品とみなされるため、金利の低い住宅ローンを組むことができません。住宅ローンは、契約者が居住するための不動産にのみ適用されるからです。これは、セカンドハウスでも別荘でも同じです。

  • 「セカンドハウスローン」とは?

    セカンドハウス専用の住宅ローンです。一般的な住宅ローンよりも金利は高めです。しかも、適用される物件に条件があります。例えば、自宅とは別に勤務地に近い土地に住宅を設ける場合、単身赴任の場合、一人暮らしで通学する子どものために家を用意する場合、などです。これは、金融機関によって異なりますが、やはり保養目的のセカンドハウスは別荘とみなす傾向があります。

  • フラット35とは

    セカンドハウスローンは、一般的な住宅ローンよりも金利が3~4%高めです。そこで多くの方が利用するのが、長期固定金利の「フラット35」です。資金の受け取り時に返済完了までの金利が決まるため、ライフプランが立てやすく、セカンドハウスのためでも低金利の融資が受けられます。ただし、住宅ローンよりも審査はやや厳しいと言われています。

セカンドハウスローンやフラット35を利用しても、やはりセカンドハウスや別荘のためのローンは金利が割高です。別荘は無理をしてでも手にすべきものではありません。返済にご不安があるなら賃貸やタイムシェアなど、別の方法を考える方が安全です。ポイントバケーションなら、返済の負担なく年会費と宿泊に使うポイントだけで豊かな週末を楽しんでいただけます。購入とシェアとの比較なども、スタッフにお尋ね下さい。

スタッフコメント

関連記事

セカンドハウスの魅力とは一覧へ→