高原の澄んだ空気で
リフレッシュ!
蓼科別荘の魅力

長野県、八ヶ岳の西麓に広がる蓼科高原は風光明媚な高原リゾートです。ビーナスラインや八ヶ岳ロープウェイから眺める山岳風景はまさに絶景。トレッキングスポットも満載です。また、室町時代から湯治場として使われてきた温泉郷でもあります。蓼科の魅力をまとめました。

澄んだ空気に心も洗われる。ポイントバケーション蓼科

ポイントバケーション蓼科は、蓼科湖を臨む高原リゾート。蓼科周辺には、蓼科湖を始めとして、白樺湖、女神湖、諏訪湖など複数の湖がありますが、そのうち蓼科別荘地に最も近いのが、蓼科湖周辺エリア。後に開発されていった白樺湖エリアよりも歴史が古く、情緒があります。
施設は、リゾートホテル蓼科内にあり、お部屋の種類は二種類。定員6名のDタイプ(80平米)と、定員3名のSタイプ(40平米)です。共にキッチン付きで、リゾート先でもご自宅と同じようにお料理を楽しむことができます。周辺エリアはリゾート地として開発されているので、お食事可能なスポットも豊富です。

tateshina_14

ポイントバケーションなら
寒冷地の別荘のデメリットなし

蓼科高原は標高が高く、冬期はマイナス20度と厳しい寒さとなることもあります。建物は寒冷地仕様にしておかなければなりません。給水・給湯管に凍結防止帯を使用したり、開口部の断熱化、床暖房など、そのぶん費用もかかります。夜間の水抜きも必須です。「夏の避暑地」=「冬の寒冷地」です。もし戸建ての別荘を購入するなら、そういった設備やメンテナンスのことまで考えなければなりません。
ポイントバケーションなら、そういった面倒は一切なし。寒さがお嫌いなら夏だけのご利用ができますし、ウィンタースポーツが目当ての方は冬だけと、煩わしいことを考えずに別荘ライフを送ることができます。お客様はただ行くだけです。

一年を通して美しい、蓼科高原

蓼科は、長野県と山梨県の間にそびえる八ヶ岳の西麓に位置し、四季折々の美しさが楽しめる人気の高原エリア。標高900メートルから1,800メートルのため夏も涼しく、避暑地として栄えてきました。
蓼科の平均気温は、最も気温が高くなる7月で21.8度、8月で22.8度。6月、9月は20度を下回ります。軽井沢の平均気温より1度高いくらいで、エアコンはもちろん不要。湿度も低いためサラリとした快適です。降水量が100mmを越えるのは、6月から10月にかけて。梅雨から台風が過ぎる頃まではどうしても雨が増えますが、それでも雨は少ない方。例えば東京の年間降水量は1,528ミリですが。蓼科は1,040ミリ。東京の三分の二です。
快適な気候に加え、雄大な風景の美しさも人気。トレッキングには最高のロケーションです。春には輝く新緑の木立の間を、秋には色づいた白樺やカラマツの山を眺めて歩いてみて下さい。夏には青々と色濃く茂った広い眺望を求めて北八ヶ岳へのトレッキングやロープウェイ登山もおすすめ。冬にはウィンタースポーツも盛んです。

観光地としての蓼科の歴史

現在のように蓼科が別荘地として栄えていった背景には、温泉の存在がありました。古くから自然湧出した温泉が知られており、室町時代に開かれた「渋の湯」を始め、戦国時代にできた「滝の湯」など、湯治場が次々とできていきました。武田信玄が戦の傷を癒すために通った「隠し湯」であったことも史実に残っています。
温泉研究が進むにつれて、蓼科温泉の泉質が注目されると、高原の気候や温泉を使った虚弱体質児の治療に効果があるとして、医療関係者が保養所や別荘を建て始めます。これら大正時代に建てられた別荘が、蓼科別荘エリアの始まりです。
昭和27年に人工湖の蓼科湖が完成すると、保養所として人気が出始めました。昭和60年代に中央自動車道が開通したことで、東西からのアクセスが良くなり、リゾート開発は急激に進み、土地の分譲開発も盛んになりました。

蓼科の植物の見どころ

春に見頃を迎える山桜がおすすめです。山桜は個体による変異が大きく、色も濃淡も様々。また、花と同時に若葉が出るので、一斉に視界を薄ピンクに染めるソメイヨシノとは少し違った風情があります。
現在、私たちが桜と聞いて連想するのはソメイヨシノですが、実はこれは江戸時代に染井村にて人工交配によって作られたもの。それまで、日本人にとって桜と言えば山桜のことでした。それまでにもしだれ桜のような山桜以外の桜もありましたが、ポピュラーだったのはこちら。「徒然草」「平家物語」「源氏物語」、古来から様々な文学に登場する桜ですが、貴族たちが愛してきたのは山桜なのです。山肌に、それぞれの色に咲く山桜を眺めながら、かつて競い合って歌を読んだ貴人たちに思いを馳せるのもいいかもしれません。
5月から8月の終わりにかけて、高山植物も楽しむことができます。様々な植物が少しずつシーズンを移しながら次々と咲くので、時期をずらして何度か滞在すると、その度に発見があります。

日本有数の温泉地

蓼科温泉郷には、4つの源泉があります。一つは、「蓼科三室源泉」。蓼科三室平に源泉があることがわかったのは昭和36年。古くから伝わる伝承などから、この地に温泉が出るのではと言われていたため、掘削した結果ビンゴだったという開発史があります。80度以上の高温で湧出するため加温の必要がなく、源泉掛け流しを楽しむことができます。
二つ目は、有名な「信玄の隠し湯」。滝の湯川沿いにあり、武田信玄が兵の傷を癒すために使ったと言われている温泉です。浸透圧の低い泉質なので湯当たりしにくく、切り傷擦り傷への効果、美肌効果があると言われています。
三つ目は、「滝の湯温泉元湯」。こちらも滝の湯川沿いにあり、武田信玄の隠し湯として使われていたお湯です。神経痛、筋肉痛、関節痛への効能があると言われています。トレッキングで疲れた体を癒すのに最適。
最後に、芹ヶ沢温泉。アルカリ性単純温泉で、こちらも神経痛、筋肉痛、関節痛への効能があると言われています。

爽やかな季節の蓼科は、ドライブがおすすめ

蓼科と言えば「ビーナスライン」。これは、長野県茅野市から上田市まで続く70キロの観光道路です。標高1,400メートルの高原に一本だけ敷かれた道路のため、空と山の眺望が素晴らしく、ドライブには最適の場所。ツーリングスポットとして全国からライダーも集まります。
日産リーフのCMで矢沢永吉さんが走ったり、ユニクロヒートテックののCMで松田龍平さんがバイクで走っていたのもこの場所。レミオロメンのPVのロケ地にも使われています。様々な映像作品に使われるのは、唯一無二の絶景のため。高原の大パノラマを見ながらアルプスを駆け抜けるのは快感です!
ビーナスライン自体が観光のために作られた道路ですから、周辺の観光地を網羅できることも魅力の一つ。蓼科高原、八ヶ岳山麓、白樺湖、車山高原、霧ヶ峰、八島湿原、美ヶ原高原を通るので、お好きなところで寄り道もいいでしょう。

蓼科のおすすめ観光スポット

大パノラマの山岳風景を楽しめる
「北八ヶ岳ロープウェイ」

北横岳と縞枯山の間にかかっており、標高1,771メートルから2,337メートルまで一気に登るロープウェイです。雄大な八ヶ岳が広がる光景は迫力満点。ロープウェイ自体は約7分と短い空の旅ですが、降りた山頂ではゆっくりとトレッキングを楽しむことができます。運行時間は季節によって異なり、夏期はもっとも早い朝8時からもっとも遅い17時まで運行されています。運行間隔は20分間隔ですので、それほど待たずに乗ることができます。

初めての冬山登山に最適「北八ヶ岳」

ロープウェイで北八ヶ岳に登ったら、様々なコース選択ができます。日帰りのトレッキングの他、周辺の山小屋を利用すれば一泊二日の本格的な登山も可能。八ヶ岳ロープウェイは冬期も運行されているので、行きも帰りもスムーズ。初めての冬山登山に最適です。スノーシューを穿いて参加するスノートレッキングが開催されており、白銀の世界やきらめく樹氷を満喫できます。

桜の名所としても知られる「蓼科山聖光寺」

標高1,200メートルに位置するお寺。苦難から人間を救う観音様の慈悲があらわれる場所として、交通安全の祈願、交通事故被害者の慰霊、負傷者の快復の祈願とお寺して知られています。蓼科山聖光寺は桜の名所としても有名。境内に植えられた300本の桜は、4月下旬から5月上旬に見頃を迎えます。お花見シーズンを逃してしまっても、5月にお花見ができるなんて贅沢ですね!

トレッキングにカヌーもできる「白樺湖」

農業用のため池として作られた人造湖です。周辺には白樺やカラマツの美しい木立が続き、リゾートエリアとしても整備されています。一周3.7キロなので、湖をぐるりと歩くトレッキングに最適。カヌースクールが、初心者向けのカヌー体験も行っています。湖ですから波も激しい流れもなく、水面は穏やか。3歳以上ならお子様も一緒に乗れるタンデムカヤックもあります。ガイド付きのツアーで気軽にカヌーを楽しめるでしょう。

蓼科別荘エリアにほど近く、山と温泉を満喫できる!

  • 蓼科高原は、歴史溢れる別荘地。昭和40年代ころから開発や別荘用地の分譲が始まっており、洗練されたリゾート地として進化を続けてきました。
    風光明媚な観光スポットが沢山あり、何日滞在しても飽きることがありません。夏は避暑地として、冬はウィンタースポーツの拠点として、ポイントバケーション蓼科なら大自然を思いっきり満喫できます。

アクセス

  • アクセス〒391-0395長野県茅野市北山4035 リゾートホテル蓼科 内
    TEL0266-67-2626
  • チェックイン・チェックアウト営業時間 6:00~22:00
    チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00