リゾート会員権所有せずに
利用するのが賢い選択

個人で別荘を購入すると、初期費用が高くなり、使用頻度が低いほど維持管理も余計な手間になります。そこで生まれたのが、出資・所有・管理を複数名のオーナーによって行っていく、共有制のリゾートクラブ会員権です。ポイントバケーションは、所有権を持たない代わりに、管理も運営会社に任せ、全国のリゾート施設を、より手軽に、自由に、小さな負担で利用できるようにしたリゾートクラブ会員権の一つです。

リゾート会員権の特徴

  • 管理いらずの別荘として

    リゾートクラブ会員権の購入は、個人で別荘を購入するほど、資産としての価値を保持することができませんが、その分大きな初期費用を必要とせず、管理の負担も小さいです。ホテル宿泊ほどには、自由に宿を選ぶことができませんが、贅沢なつくりの施設でもリーズナブルに利用できるといった面で、それらの中間的な商品と言えます。

  • 所有権型と利用権型の二種類

    リゾートクラブ会員権は、所有権を伴うものと、そうでないものと大きく二つに分けることができます。所有権を伴うものは、税の負担や管理運営、資産価値といった面で、比較的別荘所有に近い商品と言え、所有権を伴わないものは、利用できるエリアの自由度など、比較的ホテル宿泊に近い商品と言えます。

  • 利用方法はさまざま

    1年間を会員数で割って1会員の利用日数の上限があるもの、上限がないもの、先着予約のもの、あらかじめ指定された日に利用するものなど。利用方法は運営会社と、会員権のタイプによって異なります。

リゾート会員権の資産価値は?使い勝手は?

  • 購入に際し、所有権を伴うものも、そうでないものも、いずれも売却可能な場合は、その証券には資産価値があると言えます。特に所有権を保有するような場合は、そこに固定資産としての資産価値もあり、将来的には売却することを意識して購入するような場合が多いと思われます。しかし、そのような場合でも、リゾート物件の価値を維持しながら保持することは難しく、いずれの会員権も、投機の対象とはなりにくいのが一般的です。

  • 会員権を所有している方には、現役で仕事をしている方も多くいます。長期休暇には予約の希望が集中しやすいということはどのリゾートクラブ会員権でも概ね共通に言えることと思われます。そのため、運営会社によって、ポイント制やチケット制、タイムシェア制などを設けて、希望日の分散化を図っております。ポイントバケーションが採用しているポイント制は、施設、部屋、時期、曜日といった要素、それぞれの人気度合いによって予約に必要なポイント数に差をつけることで予約の分散化を図っています。

タイムシェアのリゾート会員権とは?

一週間単位で所有権を買う

タイムシェアとは、一年を52週に分割して一週間単位で部屋の所有権を所有するタイプのリゾート会員権です。一週間はメンテナンスに当てるため、多くは51週を販売します。最大で51人のオーナーでシェアすることになります。リゾート会員権は、物件自体を複数人で購入して所有権を持つ「所有権型」とゴルフ会員権のように利用権だけを持つ「利用権型」があります。後述するポイント制の場合は「利用権型」のみとなりますが、タイムシェアの場合は「所有権型」も選ぶことができます。

所有権型のタイムシェアは不動産価値がある

所有権型の場合は、最大51人のオーナーでシェアすると言っても、立派な不動産価値があります。ただし、登記が必要になり、固定資産税も発生します。所有している限り、利用しなくても永久に発生するコストなので、将来にわたってどう利用するのかや、相続までを検討する必要があります。

タイムシェアの部屋タイプ

キッチン、ランドリー(洗濯機付き)、複数の寝室と独立したリビングなどが付いたコンドミニアムタイプ(マンションに近い宿泊施設)が多いです。
ホテルのようなクラス感のある家具調度で、居住空間としてはホテルよりも充実した施設があり、ホテルとマンションの中間といった部屋にんあります。
食事を作ったり洗濯をしたりといったことが自分の部屋で完結するので、自宅にいるような感覚で過ごすことができます。

メリット 必ず宿泊できる日が明確にわかる

タイムシェアで販売されるのは、固定週とフロート週の二種類です。固定週は、あらかじめ予約された一週間のことで、確実に宿泊ができます。フロート週は「予約が入らない限り空いている」状態の日のことで、先着順に予約が埋まっていきます。固定週を購入すると、その日は自分だけが確実に買ったものなので取り合いにはなりません。毎年この週はバケーションに行く、と決めておけば休日の予定が立ちやすくなるでしょう。

デメリット1 固定週をキャンセルする時に注意が必要

固定週を購入しても、必ずその週に行かなければならないということはありません。もし予定がつかなくなったらキャンセルすることができます。キャンセルするとポイントで返却され、ポイントはフロート週の購入に使えます。しかし、直前のキャンセルはキャンセル料がかかります。二週間前のキャンセルでも50%近いキャンセル料が発生することがあるので、予定変更が多そうな方にはおすすめできません。

デメリット2 フロート週は予約が取りにくい

クリスマスや年末年始などイベントがある人気週は固定週での販売が多いので、フロート週はそもそも流通が少ないです。人気週は予約が殺到するため、予約を入れるのはほとんど無理だと言われています。所有感があるといっても、このあたりはホテル予約と変わりありません。

ポイント制のリゾート会員権とは?

宿泊したいぶんだけポイントで購入する

タイムシェアは「決まった一週間の宿泊日を買う」タイプですが、ポイント制は「持ち点制により日単位」で宿泊予約をします。事前に一年で使用するだけのポイントを購入し、そのポイントで予約をします。使わなかったポイントは翌年に持ち越すことができるので、無駄がありません。施設ごと、宿泊日ごとに必要ポイントが細かく設定されており、人気が集中する時期は必要ポイントも高くなっていますが、それは予約の集中を避けるための調整の役割りがあります。

ポイント制は利用権型のリゾート会員権になる

ポイント制の場合は、タイムシェアと違って利用権型のみになります。不動産登記は不要で、固定資産税もありません。不要になればすぐに辞めることができるので、ライフステージに合わせて使うことができます。不動産を所有するという満足感はありませんが、会員権は売却することもできます。現在、リゾートマンションの不動産価値は下がることの方が多く、高騰することはあまりないので、投機の対象にはなりません。そういう意味で所有権型のタイムシェアリゾート会員権にこだわる必要はないでしょう。

ポイント制は利用権型のリゾート会員権になる

ポイント制の場合は、タイムシェアと違って利用権型のみになります。不動産登記は不要で、固定資産税もありません。不要になればすぐに辞めることができるので、ライフステージに合わせて使うことができます。不動産を所有するという満足感はありませんが、会員権は売却することもできます。現在、リゾートマンションの不動産価値は下がることの方が多く、高騰することはあまりないので、投機の対象にはなりません。そういう意味で所有権型のタイムシェアリゾート会員権にこだわる必要はないでしょう。

ポイント制リゾート会員権の部屋タイプ

タイムシェアと同じく、キッチンやランドリーの付いた複数の部屋からなるコンドミニアムタイプがほとんどです。ホテルのスイートクラスのお部屋と同等の施設なので、ゆったりと快適に過ごすことができます。 既存のリゾートホテルの一室を運営会社が借り上げて提供しているケースもあります。システム的には購入したリゾートクラブへの支払いになりますが、フロント業務やサービスは委託されているホテルが提供します。

メリット1 たくさんの施設に宿泊できる

日単位での予約ができるので、同じ予算でも一年間に色々な施設を楽しむことができます。一種間の滞在を年に一回か、2泊3日の旅を2回か、お好み次第ですが、ポイント制ならどちらも選択肢に入れることができます。ご家族の都合に合わせて選ぶことができるのは嬉しいですよね。

メリット2 予約がとりやすい

タイムシェアの場合は固定週でほとんど販売が終了してしまう期間があるので、人気週の予約をとるのは至難の技です。ポイント制であっても、年末年始や大型連休は予約が集中するのでどうしても予約は取りづらくはなりますが、あらかじめ枠が少ないタイムシェア制よりはずっと予約はとりやすいでしょう。

デメリット1 希望した宿泊日に泊まれない可能性がある

上記の「予約のとりやすさ」と相反するようですが、ポイント制には固定週がありませんから、自分で予約を取らないと宿泊できません。宿泊候補日が少ない方、予約が集中する時期にしか休暇が取れない方は、せっかく会員になったのになかなか利用できないということも考えられます。できるだけ早めに予約を入れていくことで回避しましょう。どうしても直前まで予定が立ちにくいという方は、タイムシェア制でもポイント制でも、そもそもリゾート会員権に向いていないかもしれません。

タイムシェアとポイント制はどちらが良いか

価格帯はほとんど同じ

リゾート会員権の価格は、よく「自動車一台分」と言われます。宿泊利用料が別にかかったり、管理費が別にかかったりするので単純な比較は難しいのですが、会員権自体の価格は200万円〜300万円が相場です。タイムシェア制でもポイント制でも、コスト的な違いはあまりないでしょう。

部屋のグレードも、どちらも問題なし

施設によって違いはありますが、タイムシェア制でもポイント制でも、一般的にスイートクラスのお部屋しか採用されていないので、満足度は高いと思います。連泊が基本なので一般的なホテル滞在と比べてリネン交換や掃除の回数は少ないですが、他人が入ってこないことに大きなメリットを感じる方も多いです。

所有権型のタイムシェアは又貸しできる?

使い方によって選択しましょう

タイムシェアの場合は固定週を購入すれば必ず泊まれる保証がありますが、そこに必ず縛られてしまう不自由さがあります。一週間単位という長さも固定です。フロート週を押さえることもできますが、人気週は予約が取りにくいので、人気週以外に休める方に向いています。 ポイント制の場合は固定週がないので自由設計できます。日単位で予約できるので、一週間とまとまった休みが取りにくい現役の方に向いているでしょう。

宿泊体験はするべきか

必ずしましょう

快適なステイができるかどうかは、施設の豪華さやアクセスのしやすさだけではありません。周辺のレストランの充実度や応対するスタッフの質も重要です。 ほとんどのリゾートクラブで体験宿泊を実施しているので、必ず体験してから購入しましょう。体験宿泊の時には、営業を受けると思いますが、その時の担当者の応対でも会社の姿勢がよくわかります。

自由さを選ぶならポイント制がおすすめ

タイムシェア制とポイント制の最大の違いは、休日が固定されるかどうかです。必ず決まった時期に休める方でない限り、タイムシェアを使いこなすのは難しいと思います。実際に、タイムシェアで購入した方の中には、自身は使わないで又貸しをしている方も多いのです。そこで莫大な利益が出るわけではないので、それでは何のために所有しているのかわかりませんね。まだお仕事をされている現役の方、将来手放しやすいという自由を残しておきたい方には、ポイント制のリゾート会員権をおすすめします。

リゾート会員権は、購入費や管理費を折半することで個人負担を減らし、効率よく利用するという便利な商品です。購入者が同伴しなくても家族や友人だけで利用できるものもあり、別荘宿泊を人にプレゼントするという使い方もできます。利用方法は、タイムシェア制、ポイント制などさまざま。年間の利用日数や利用日があらかじめ決められているタイプや、自由に予約申し込みができるタイプなどがあります。

スタッフコメント

関連記事