休日は家族で旅行するもの、という我が家の習慣。
リロなら子どもたちにも受け継いでもらえそう。

三人のお子様とご一緒に、家族五人でリゾートステイを楽しんでいらっしゃる今井様ファミリーにお話をお伺いしました。オーナー歴は既に七年目。沢山の思い出を積み重ね、ご家族の絆が深くなっているとお話しくださいました。

子どもの頃からの家族旅行の習慣をわが子と共有

  • 今井様がポイントバケーションリロにご入会されたのは、2008年のこと。ご主人の子どもの頃の思い出から、ご入会をお決めになられたそうです。 「子どものころ家族で旅行に行くのがとてもうれしかったんです。休みは家族みんなで旅行するもの。それが当たり前だと思ってたから、自分が親になってもそこは受け継ぎたかったんです」

    ホテル滞在でも素敵な旅行はできるものです。しかし、奥様は、より気軽に出かけることができるリロのシステムを、このようにお話くださいました。 「普通の旅行だと宿泊費が大変。でもリロなら部屋単位の料金で泊まれるので、人数が多くても気になりません。安心して旅行できるようになりました」

お子様たちにも思いは伝わっているご様子

  • 今井様ご家族には、二人の娘さんと、一人の息子さんがいらっしゃいます。お子様は皆様まだ学生さんです。ご家庭によっては、お子様がご年齢を重ねていくにつれ、ご家族と一緒にいるよりも、ご友人と一緒にいる方が楽しくなってきたりなどして、家族旅行も減ってしまうということが少なくないかもしれません。しかし、今井様ご家族は、今も仲良くご家族五人でのご旅行を楽しんでいらっしゃいます。

    「「家族で過ごす時間は減っても、いざ旅行となると会話が生まれます。『どこ行くの?』みたいなひと言から話がどんどん広がっていくんです。それに非日常の特別な雰囲気だから普段なら言えない特別な話もしやすいんです」とお話されるご夫婦。 ステイ先のゆったりした時間の中では、 「どこに行って何をしようか?」などの会話が自然に生まれてくることも旅の良さの一つです。温泉に入りながら、ご長男のご進学についてお話をされる機会もあったそうです。

ホテルとは違うくつろぎを満喫

  • 今回のインタビューでは、今井様ご家族の軽井沢旅行にご同行させていただきました。軽井沢に訪れたのは二回目とのことですが、お子様たちは、到着した際に「なつかしい!」と口にされたとのこと。「小さいころからリロにいたという記憶が積みかさなってるんだなと思いました」と嬉しいお言葉をいただきました。
    「リロは普通のホテルとちがって朝食が自由。だから時間に余裕をもてるんです。ゆっくりできてありがたいんですが、あまりにのんびりしすぎて昼まで寝てしまうときもあるんです(笑)」とご主人。 リビングに家族五人が集まって談笑していると、本当に自宅のような雰囲気。リロならではのリラックスステイを満喫しておられます。

「妻に、子どもたちに、受け継ぎたい」

  • ご入会時にご主人は、奥様を名義人とされております。その理由は、奥様とご主人とのご年齢が離れているため。「そのほうが家内や子どもたちが長く利用できると思いました。子どもたちが大人になって、家族でリロをシェアしながら旅をするのも良いと思っています」

スタッフからのコメント

リロでのステイの中で、お子様たちはスキーを覚えられたそうです。ご自宅から近いポイントバケーション勝浦は特にお気に入りいただけているとのことで、周辺のスパもご活用され、そこで半日ほどのんびりとお過ごしになることも多いとのことです。時には、奥様と娘さんたちの女性三名だけでお出かけされることもあるなど、様々なスタイルでご旅行を楽しんでいらっしゃるご様子です。これからもご家族の絆を深めるツールとして、ポイントバケーションをご活用いただければと思っております。

その他のオーナー様の声