別荘はリゾートエリアだけじゃなく立地条件が重要!

別荘を購入するにあたり悩むのが立地条件ではないでしょうか?
立地条件がきちんと整っているかどうかで、その後の別荘ライフを存分に楽しめるか、長期間利用し続けることができるか決まります。
ここでは別荘購入時に気を付けたい立地条件について、ご説明していきたいと思います。

目的を考えて別荘地の選びましょう

別荘における立地条件で譲れないポイントを決めるには、購入後にどのように利用していきたいかイメージすることが大切です。
買い物に便利なコンビニや大型スーパーが近くにあると便利ですが、せっかくの別荘なので開発され過ぎていても趣きがないと感じる人もいるでしょう。
また、移動は車になるのか公共交通機関を利用するのか、アクセス手段や利用頻度などのライフスタイルに合わせた立地条件を見つけましょう。
優雅にゆったりと過ごしたいのか、レジャー施設を思い切り楽しみたいのかなど、別荘購入後にどのような楽しみ方をしたいかにより条件は異なりますから、しっかりとイメージ・計画して決めなければいけません。

立地条件のポイント

あなたはどんな別荘ライフを送りたいですか?別荘はどこに購入するかで楽しみ方も変わってきます。
自分に合った立地条件を見つけるためのポイントをご紹介いたします。


リゾートタイプ

別荘を購入する時にまず決めなければいけないのが、どんなエリアに購入するかです。
夏の避暑地やスキーなど冬のレジャーを楽しみたいなどさまざまです。
人気のエリアは購入資金が高くなりますが、人が集まる人気の別荘地は別荘の需要自体も多いため、希望の物件が見つけやすいメリットがあります。


アクセス条件

別荘までのアクセスも極めて重要なポイントです。
車での移動を考えている場合と、電車など公共交通機関を利用する場合では大きく異なってくるでしょう。
車で移動する場合は液から離れていたり、山の中でも訪れることは可能ですがその場合、長期的な利用を想定する必要があります。
そのエリアが豪雪地帯だった場合、あまり山深いと雪の影響で別荘を訪れることが難しくなる場合もありますし、高齢になってからの運転にも不安が残ります。
駅から近い物件は便利に利用することができますが、人の多さや開発程度によってはリゾート感が薄まってしまうため、オンシーズンの様子を把握する必要があります。


管理サービス

日常の喧騒から離れ、ゆっくりと静かな時間を楽しむことも別荘ライフの楽しみの一つではないでしょうか?
人里離れた静かな環境は魅力的ではありますが、電気や水道などのライフラインなどがきちんと整っていない、管理されていない場合があります。
滞在中不自由なく過ごせる環境と、万が一の時のセキュリティなども考える必要があります。
また、別荘は利用していない間も管理が必要になることが多いため、管理サービスやそれらを利用できる環境であることも重要です。


資産価値としての立地条件

別荘を資産価値として考えた場合、プラスアルファの価値が必要になるでしょう。
人気のエリアや駅からのアクセスだけでなく、窓から望む景観や温泉などの付加価値があれば、資産価値はぐっと上がります。
特に景観は場所が少しずれただけで、がらりと変わることがありますので注意が必要です。
また土壌や傾斜など、土地自体の安全性や建築条件も資産価値を左右するため、事前の確認や調査を怠らず検討することが大切です。

別荘を保有するデメリット

価値を左右する立地条件、全てをクリアするのは難しい
別荘を建てることで、思い立った時に気軽にリゾートを楽しむことができると考えがちですが、実際には利用しない間の管理や、利用する際の掃除などさまざまなデメリットも生じます。
年齢や家族構成の変化に全て対応する条件を満たすことは難しく、購入後にこんなはずじゃなかったと感じることも…。
場所や維持の煩わしさを持たず、気軽にワンランク上のリゾートを楽しみたいなら、タイムシェアなどのリゾート会員がおすすめです。
さまざまなエリアを気軽に楽しめ、利用前後の掃除や管理に悩まされることもありませんから、その時の気分やライフスタイルに合わせたリゾートを満喫することができます。

リロのリゾート会員はタイムシェアやポイント制など、その人のライフスタイルに合わせた利用方法を選ぶことができます。管理や維持の煩わしさを感じることなく、さまざまなエリアで美しい景色やレジャーを楽しむことができます。その時の希望や条件にあったリゾートを毎回選択することができるのは、リゾート会員の最大のメリットです。立地条件により資産リスク、管理リスクを回避しながら別荘ライフを楽しめるタイムシェアはいかがでしょうか?

気軽な別荘ステイを楽しむにはリゾート会員がおすすめ

関連記事

一覧を見る