リゾートにはどんな持ち物を持ってけばいい?

"リゾート地へ旅行に行く際に何を持って行こうか迷ってしまったり、何が必要か分からないことってありますよね。
ここではいざという時に困らないよう、リゾート地へ行く際の必需品についてご紹介致します。"

スマートな旅をするための荷造りの心得

昔の貴人が旅をする時は、食器から何から専用の調度品を携えていくものでしたが、今時そんな大名旅行をする方は石油産出国の王族くらいでしょう。
パンパンに膨らんだ重いスーツケースを引きずって移動するのは、あまりスマートではありません。
「持って行くべきか悩んだ物は置いていく、必要になったら現地で調達する」と決めてしまうと、荷物はスッキリします。
目的地がよほど辺鄙な場所ならともかく、ほとんどのリゾート地では買い物に困ることはありません。
現地でサンダルやドレッシーな服などを購入しても、カバンに余裕をもたせておけば帰りの荷造りもスムーズです。

旅行鞄は何がおすすめ?

旅行鞄にはスーツケースが便利。丈夫で鍵つきのものならどこに持って行くのにも安心です。
航空機を使用する場合は、大きさによって機内に持ち込めない可能性があるので機内持ち込み用のバッグを用意しましょう。現地で使うものと兼用にすれば荷物も減ります。

貴重品は忘れないよう確認を!

絶対に忘れては困るものは前もってリストアップしてチェックしながら用意するのが基本です。


・パスポート、航空券
・現金(海外の場合は外貨を用意。万が一に備えて一つの財布だけでなく何カ所かに分けておきましょう)
・携帯電話
・各種免許証(運転免許証やダイビングのライセンスなど)

海外の場合には

・海外旅行保険(旅行損害保険証)

これはクレジットカードについているものや無料で入れるものなど色々な種類がありますので、ご自身に一番合ったものを選んで加入すると良いでしょう。

携行品は何を持って行くのが良い?


・現地のガイドブックや地図
・デジタルカメラやビデオカメラ
・ポケットティッシュやウェットティッシュ
・山の場合には虫除け対策グッズ、海の場合には日焼け止め対策グッズ

以上のものは最低限、鞄の中に入れておきたいもの。
充電式の電子機器を持って行く場合には充電器も忘れずに!

着替えや生活用品に関して


着替え

基本は軽装で、調整ができるように上着を一枚持って行きましょう。女性ならストールでも代用できます。レストランなどきちんとした場所へ行く時にも便利です。


コンタクト用品、メガネケース

うっかり入れ忘れることの多いものなので要チェック!


洗面用具(女性の場合はメイク道具も!)

普段使っているものを小分けのボトルなどに入れ替えて持参すれば現地で用意された物が肌に合わないなどのトラブルを防ぐことが出来ます。


薬、お薬手帳

風邪薬や胃薬は現地でも手に入りますが、持病の処方箋薬は必ず携行しましょう。現地で病気になって薬を飲む可能性もあるので、お薬手帳も持参すると安心です。


ドライヤーやシェーバー

ハイクラスのリゾート施設ならドライヤーは備え付けのものがありますが、普段自分が使っている使い勝手のいいものが良い方はお好みで。


変圧器、プラグ

海外で電化製品を使用する場合には、その国にあったプラグと変圧器が必須です。レンタル出来る場合もありますので、ご利用予定の施設に問い合わせてみてください。

海リゾートへ行った際、便利なグッズ


ラッシュガードやサングラス

日差し対策は欠かせません。日焼け止めと併用して対策を強化しましょう!


防水バッグ

色々なサイズのものがあり、おすすめは財布と携帯が一緒に入れられるもの。荷物を置いていかずに済むので安心してビーチに出られます。


マリンブーツ

最近ではスニーカーのようなものも増え、水陸両用のもがおすすめです。旅行中は空港で履き替えてこれ一足!なんて方もいらっしゃいます。

山リゾートへ行った際、便利なグッズ


レインウェア、折りたたみ傘

急な天候の変化にも慌てないよう前もって用意しましょう。折りたたみ傘は雨だけでなく、林道で草木よけにも活用!


コンパス、時計、水筒

それぞれしっかりしたものであれば大丈夫です。時計は雨の場合に備えて、防水性が安心!


モバイル充電器

バッテリーの消費が激しいGPS機能を使用する際には持っていれば安心です。

国際線への手荷物持ち込み制限について

国や地域、航空会社によって機内へ持ち込むことが禁止されているものや、制限されているものがあります。

・機内への持ち込みが禁止されているもの
刃物(カッターやはさみも該当)、工具、火薬(クラッカーや花火)、酸化性物質(漂白剤)、引火性液体(ライター用のオイル)、毒物(殺虫剤や農薬)、高圧ガス(スプレー)、腐食性物質(リチウム電池)、そのほかにも磁石やぶつけると凶器になるようなものといったテロに使われかねないものが禁止になっています。

・100ml以上の液体
スキンケア用品などの液体は、100ml以下のプラスチックボトルに入れ、容量1L以下の透明のジッパー付きプラスチック袋に入れることが義務付けられています。長期滞在でたくさん使う場合も、100ml以下のボトルに小分けにして持っていきましょう。

心配性な方はあれもこれもと詰め込んでしまいますが、持って行こうか迷う物は持って行かなくても大丈夫なもの。持って行ったが結局最後まで使わなかったという経験は誰にでもあると思います。必要になったら現地調達する方が余裕のある旅ができます。荷物も心も身軽に、大人な旅を楽しんでくださいね!

衣類は気候に応じた最小限。必須の携行品以外は現地調達する

関連記事

一覧を見る