ペットと旅行するなら、知っておくと便利な知識

ワンちゃんと一緒に旅をされる方が年々増えています。ペット可の宿泊施設は増えてきていますが、いつもと違う環境に連れて行くのですから、何となく不安もありますね。ワンちゃんと旅をする時のポイントをまとめました。

事前に準備しておくこと

普段はおとなしい子でも、旅先では落ち着きがなく吠えたり、粗相をしたり…。そんなトラブルはよくあります。原因はストレスです。ワンちゃんは、これからどこへ行き何をするのか、まったくわかりません。いきなり何もかも体験させるのではなく、まずは慣れが必要です。そのためには、事前の準備が欠かせません。


移動中のトイレポイントを確認

ワンちゃんは移動にストレスを感じます。繊細なワンちゃんの場合、いつもとは違う場所に連れて行くと我慢してしまうこともあります。自家用車で高速道路を使うならサービスエリアで散歩させて、リラックスさせてあげましょう。ドッグランを併設しているサービスエリアも増えています。
電車移動の場合は、トレーニングを終えており乗車時間はトイレを我慢ができるということが前提です。念のためにとペットシーツを敷くと、してもいいんだと勘違いしてしまいます。どうしても不安な場合は犬用おむつを使いましょう。


クレートトレーニングを終えておく

いきなりクレートに入れたのでは、閉じ込められているストレスから排尿したり吠えたりと、トラブルが起きるのは当然です。できれば子犬の頃からクレートに慣れさせるのが理想ですが、成犬になってからでもトレーニングはできます。普段からおもちゃやお菓子を入れたクレートを出しっぱなしにしておいて、自由に出入りできるようにしておきましょう。
クレート自体に慣れたら、クレートでの移動も練習しておきましょう。ぶっつけ本番ではうまくいきません。


迷子対策をしておく

緊張のため、車の窓から飛び出してしまったというケースもあります。旅先で迷子になってしまった時のために、IDタグをつけておきましょう。
マイクロチップも普及しています。マイクロチップのリーダーは、全国の動物保護センターや保健所、動物病院に配備されています。データベースには、飼い主の名前、連絡先、動物の識別番号が登録されます。データベースと照合してもらえば、戻ってくる可能性が高まります。装着は病院で。マイクロチップ代、施述料、データ登録料で6,000〜11,000円程度です。


ペットタクシー、ペット用119番をチェック

ペットと飼い主が一緒に乗れる、専用「ペットタクシー」があります。このタクシーは、ワンちゃんが落ち着いているのならクレートに入れずに抱っこで乗ることができます。クレートトレーニングを終えていない場合に便利。もし車内を汚してしまっても清掃費用は請求されません。予約は前日までに。救援利用料金を払えば、急病搬送のための119番としても利用することができます。

ペットと行きたいリゾート地はここ

ポイントバケーションリロでは、ペット同伴でご宿泊できる施設を数多く備えています。いずれもスイートクラスの広々としたお部屋で、室内に専用キッチンがございます。ワンちゃんもご自宅にいるようにくつろぐことができ、手作りごはんを作ってあげることもできます。リロのドッグヴィラ付き施設があるリゾート地の中から、人気のスポットをご紹介します。


箱根

春夏秋冬、美しい箱根は静けさに満ちた大人のリゾート。噴火でできた雄大なカルデラの山々、郷愁漂うススキ野原など、箱根特有の絶景が待っています。標高が高いため夏でも比較的過ごしやすく、アスファルトの暑さに参りがちな小型のワンちゃんたちも快適に過ごすことができるでしょう。
箱根のポイントバケーションリロは、3,000坪の敷地の中に、全面芝生の広々としたドッグランを備えています。思いっきり走ってリフレッシュしましょう。


伊豆高原

海と山の両方を楽しめるのが、伊豆高原。初日は海水浴を楽しみ、次の日は大室山にハイキングへと遊び方は色々です。海に山が迫るこの地形は、4,000年前の大室山の噴火でできたもの。海へ流れ込んだ溶岩は、こまかくうねりながら冷え固まり、その地形はたくさんの魚を育んでいます。釣りを楽しみたい方にもおすすめです。
都心からのアクセスが良いので、ワンちゃんを連れての長旅が不安な方も安心。

普段からクレートのトレーニングをしておくこと、電車や自動車など乗り物に慣れておくことが大事です。吠えてしまった時のために、長時間楽しめるハードジャーキーのような必殺おやつを用意してのも有効です。

ペットとの旅は事前の準備が鍵です!

関連記事

一覧を見る