別荘購入のリスクを、リアルな失敗談から考える②

リロのタイムシェアにご興味をお持ちになるお客様の中には、過去に別荘をお持ちだった方もたくさんいらっしゃいます。
なぜ別荘を手放すことになったのか、別荘を購入したことで分かったデメリットをご紹介したいと思います。

購入時の資金だけじゃない…
購入後に感じた別荘所有の大変さ

一念発起して手に入れた念願の別荘。しかし長期間保有する別荘は、購入後の環境の変化などに対応できず予想外の問題が発生します。
使用時の掃除の大変さや相続問題などを前回ご紹介しましたが、それだけではないんです。
こんなことも、と驚くリアルな失敗談をお教えいただきました。

体験談1:
ご近所づきあいが面倒な地域だった

家族で気軽に旅行に行ければと一念発起して別荘を購入したAさんご家族。
夏休みなど宿泊施設の予約を気にすることなく、家族で楽しめる別荘ライフをしばらく楽しんでいましたが、ある日突然隣の別荘からクレームを受けたそうです。
内容は家族でBBQ等を楽しんでいる際の騒音や、歩道に伸びた草木の手入れについてでした。
隣の別荘はAさんのご家族と違い、リタイヤ後にご夫婦で長期の別荘ライフを送られている方でした。
そのため、たまにやってくる我が家の騒音や、年に数回しか手入れしていない草木が邪魔になると、別荘を利用するたびに苦情を言いに訪れます。
毎回楽しみにしていた別荘の利用も、到着後は騒音などご近所の目が気になり、心から楽しめなくなってしまいました。

伸びていく草木など相手の言い分もわからなくはありませんが、数ヶ月に1度しか訪れないため、頻繁な手入れを求められても対応することができません。 また、区画ごとに分担して共有の遊歩道などを掃除する地域もあるため、年に数回の利用ではそういった要求に応えられず、クレームを受ける原因となることも…。 自宅のように気兼ねなく、家族の時間を過ごそうと購入した別荘でしたが思わぬご近所トラブルに見舞われてしまいました。

体験談2:
庭木の手入れにコストがかかりすぎる

別荘を購入して10年のBさん。子供も大きくなり家族で別荘を利用する機会も減っていったそうです。
それでもリタイヤ後に夫婦でゆっくりと別荘で過ごすことも考え、別荘として利用しないまま持ち続けていました。
しかし利用頻度が減ったことで、使わない間の別荘の管理が問題になります。庭の手入れを怠り放置状態にしておくと、敷地内への不法投棄や空き巣、放火などセキュリティの面でもさまざまなリスクが伴います。

Bさんご夫婦は自分達だけでは維持・管理が難しいため、管理運営会社に委託することにしました。
建物自体の喚起や通風以外に、庭木の手入れや巡回サービスなど、別荘を維持する上で必要なメンテナンスが受けられるため、管理運営自体には満足していましたが、予想外の費用を負担し続けることになってしまいました。
現状では仕事もあり夫婦二人でちょくちょく利用する、ということは難しいため、まだしばらくは管理をお願いする期間が続くため、思い切って手放すことも考えているということでした。

購入時の資金やローンだけでなく、管理し続ける際の維持費に悩まされる方が多くいらっしゃるようです。

体験談3:
高齢になって腰が重くなった

40代で別荘を購入し、家族や夫婦での別荘ライフを楽しんでいたCさんですが現在はすでに60歳を超えました。ここ10年ほどは別荘を利用していないということでその理由をお伺いさせていただきました。
子供が巣立ったことで別荘の利用が少なくなったこともありますが、Cさんが所有する別荘は自宅からはかなり遠い観光地であり、山の中にあるため別荘を訪れるには車の運転が必須です。
年齢を重ねるごとに長時間の運転は厳しくなり、足が向かなくなってしまったとのことでした。
高齢になったあとのことも考え、公共交通機関を利用できる駅から近い物件にすればよかったとおっしゃっていました。

購入時は車での移動で問題がなくても、高齢になることで別荘に訪れることが難しくなることがあります。
特に山の奥地にある別荘や雪が降る地域などは、高齢になることで利用したくても訪れることができなくなる可能性があり、また建物自体のバリアフリー対策なども必要になります。
若い頃は問題のなかった別荘までの距離も、歳を重ねていくうちに大きな障害となることもあります。
その時々の環境に合わせた利用ができないことは、別荘購入時には気づかないデメリットとなります。

夏の避暑地や雪景色が美しいリゾート地など、別荘を持つことは旅行の楽しさを倍増させるとともに、ステータスでもあります。しかし家庭環境や身体的な変化など、購入時に10年後、20年後どう利用するかを想定することはなかなか難しいでしょう。タイムシェアでは、その時の条件に合わせて場所やサービスを選んで選択することができます。煩わしいことは全て任せて、いつどんな時でも快適な別荘ライフを送ることができる人気のタイムシェアはいかがでしょうか?

スタッフコメント

関連記事

セカンドハウスの魅力とは一覧へ→