別荘のタイムシェアとは|初期費用を抑えてオーナーになれる?

別荘を所有したいものの、初期費用や管理などが気になることはありませんか。
あてはまる方におすすめなのがタイムシェアです。タイムシェアとはどのようなシステムなのでしょうか。
別荘のタイムシェアについて詳しく解説します。メリット・デメリットなども説明するので参考にしてください。

別荘のタイムシェアとは

タイムシェアとは、別荘を複数のオーナーで共同所有するシステムです。
具体的には、所有権を時間単位で分割し共同所有します。例えば、1年間が約52週なので、所有権を52分割して1週間単位で別荘を共同所有するなどです。時間を軸に所有権を分割するので、タイムシェアと呼ばれています。


購入するのは別荘の所有権

タイムシェアで購入するのは別荘の所有権です。利用権ではないので、購入した分だけ別荘を所有できます。この点が、タイムシェアの特徴といえるでしょう。
基本的に、所有権は子や孫に相続できます。また、第三者に売却することも可能です。つまり、タイムシェアで購入した別荘は資産になります。



2つに分かれる購入方法

タイムシェアの購入方法は、フックスタイプとフロートタイプに分かれます。フィックスタイプは、8月の第1週など、1年の中で利用する時期を決める購入方法です。フロートタイプは、利用する時期が決まっていない購入方法です。
前者にはハイシーズンであっても確実に別荘を利用できるメリットが、後者には休みを取れたときに別荘を利用できるメリットがあります。ライフスタイルに併せて購入方法を選べる点もタイムシェアの魅力です。


タイムシェアで購入できる別荘

続いて、タイムシェアで購入できる別荘を紹介します。


高級コンドミニアム

タイムシェアで多く取り扱われているのが、高級コンドミニアムタイプの別荘です。コンドミニアムは分譲マンションを意味するので、リゾートマンションを複数のオーナーで共有すると考えればよいでしょう。別荘地で暮らすように生活できる点が魅力です。



ホテル

同じく、多く取り扱われているのが、ホテルタイプの別荘です。リゾートホテルなどの1室を複数のオーナーで共有します。ラグジュアリーな空間を所有できる点が魅力です。



戸建別荘

タイムシェアの中には、戸建別荘を共有するものもあります。戸建別荘の特徴は、様々な種類があること。贅をつくした別荘から自然を満喫できるログハウスまであります。目的に合わせた別荘を購入できる点が魅力です。


タイムシェアのメリットとデメリット

最後に、タイムシェアのメリットとデメリットを紹介します。

タイムシェアのメリット



初期費用と維持・管理費を抑えられる

タイムシェアの最も大きなメリットは、費用を抑えられることです。個人で購入すると数千万円する別荘を数百万円で購入できます(※実際の費用はケースにより異なります)。同様に維持・管理費も抑えられます。個人所有する場合より、維持・管理に手間がかからない点も魅力といえるでしょう。



様々な別荘を利用できる

システムによっては、他のオーナーが所有する別荘を交換利用できることや所有権をポイントに置き換えてポイントで他の別荘を利用できることがあります。他の別荘を利用しても、基本的に宿泊料はかかりません(予約手数料はかかることが多いようです)。個人で1軒の別荘を所有するより、刺激的な別荘ライフを味わえます。



別荘を所有する満足感

別荘のオーナーになれる点もタイムシェアの魅力です。たとえ、52分の1の所有権であったとしても、別荘のオーナーであることは変わりません。毎年、オーナーとして別荘へ帰れます。ホテル滞在では味わえない満足感を味わえます。


タイムシェアのデメリット



希望する日に予約を取れないことがある

タイムシェアでは、複数のオーナーで別荘を共有します。オーナーが休みを取りやすい時期はある程度共通しているので、時期によっては希望する日に別荘を利用できないことがあります。心配な方は、毎年、決まった時期に利用できるフィックスタイプを選択すると良いでしょう。ただし、フィックスタイプはフロータイプに比べ割高になります。



毎年、維持・管理費がかかる

別荘を所有している限り、毎年、維持・管理費がかかる点も押さえておきたいポイントです。別荘を個人所有する場合に比べれば少額ですが、数万円~数十万円程度の維持・管理費がかかります。購入を検討する方は、初期費用だけでなく維持・管理費もチェックしましょう。


タイムシェアは、別荘の所有権を時間単位で分割し、複数のオーナーで共有するシステムです。所有権を52週に分割している別荘などが例として挙げられます。タイムシェアには、初期費用を抑えられる、別荘を所有できるなどのメリットと希望する日に予約を取れないことがある、維持・管理費がかかるなどのデメリットがあります。購入を検討している方はシステムの特徴をよく理解しておきましょう。

タイムシェアならではのメリット・デメリットが存在

関連記事

一覧を見る