人生で一度は体験しておきたい!日本の別荘の人気スポットベスト3

今の別荘の概念は、明治以降、日本に移住した欧米人が始めたと言われています。欧米の人にとって、日本の高温多湿の夏は耐えがたいものだったため、涼しく快適な「避暑地」を求めて様々な場所に別荘を構えました。
特に、近年の都市部の暑さは異常なほどになってきており、どこか涼しいところに行きたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
そこで、避暑地としても別荘地としても人気のスポットベスト3を今回ご紹介したいと思います。

別荘といえば「軽井沢」

一番初めに紹介する別荘人気スポットは「軽井沢」です。


軽井沢

別荘と言えば「軽井沢」と思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。元々はカナダ人宣教師が「軽井沢」を見つけ、家族と一緒に別荘を構えたことが最初で、そこから日本の上流階級の方々も同じように別荘を構えたことで、今の「軽井沢」の基礎が出来上がりました。


浅間山などの火山活動でできた隆起地帯のため、軽井沢の標高は1,000mほどにもなり、夏には快適な涼しさが魅力になります。JR軽井沢駅周りの賑わいのある観光地と、セレブ感のある洗練された街、そして壮大な自然が融合する「軽井沢」は、日本屈指の別荘人気スポットです。
軽井沢プリンスショッピングプラザという大きなショッピングモールやボーリング場などの遊び場がある一方、美術館や温泉施設などの文化施設もあり、ご家族全員で楽しむことができます。

ゆっくり落ち着くなら「京都」

二番目に紹介したいのは観光名所「京都」です。


京都岡崎

左京区岡崎にある「平安神宮」は、京都観光では欠かせないスポットの1つです。特に「大鳥居」は、京都に訪れたことがない人でも知っているのではないでしょうか。
高さ24メートル、幅18メートルという、朱塗りの立派な鳥居は壮観です。


知識がなくても楽しむことができる「清水寺」。ことわざの「清水の舞台から飛び降りる」でも有名ですね。
この有名な「清水の舞台」とは、この寺院の本堂に広がる舞台のこと。重要文化財を多くもつ清水寺は、世界遺産にも登録されています。
期間限定で行っている夜間特別拝観ではライトアップが施され、いつもと違った幻想的な美しさを見ることができます。

都心から行きやすい「那須」

最後に紹介するのは、栃木県の「那須」です。


那須

「那須」の一番のポイントは都心からのアクセスが良いことです。電車でも那須行きの新幹線が通っており、1時間半もかからない電車旅で「那須」に行くことができます。車だと2時間ほどで行くことができるので、日帰りも行える通いやすいところが魅力です。それだけ都心に近いにも関わらず、標高が300m~1200mのため、夏はとても快適に過ごせます。


別荘地だと子供があまり楽しめない印象が強いですが、那須では、「那須動物王国」をはじめとした動物園や、「那須ハイランドパーク」などのアミューズメント施設、「りんどう湖ファミリー牧場」などの牧場等、子供が楽しめる施設がたくさんあります。
また、「那須」は史跡も多く、栃木県の指定文化財に選ばれている殺生石や、国指定重要文化財に指定されている三森家住宅など、歴史を感じさせる施設が多くあります。

いかがだったでしょうか。
リロバケーションズの施設は、今回紹介した別荘人気スポットベスト3、全てにあります。
そして、その全ての施設が体験宿泊可能です。
体験宿泊とは、一泊二日2食付き・お一人様500円からの、手軽に別荘地を楽しむことができるキャンペーンです。
ぜひ、リロバケーションズの体験宿泊を利用して、人気スポットベスト3の別荘地を体験してみてください。

まずは体験宿泊で、人気スポットを楽しもう

関連記事

一覧を見る